株式会社ミカサ

会社案内

ホーム » 会社案内

ごあいさつ

株式会社ミカサは下水道設備がなく、浄化槽も設置できないような観光地や建設現場向けにバイオトイレ(バイオミカレット®)を販売・レンタルするメーカーです。

SDGs(持続的な開発目標)が様々な分野で注目され始めております昨今、日本国内はさることながら、世界中で「トイレ」に対する注目度が高まっており、弊社が製造するバイオトイレ(又はコンポストトイレ)の需要も以前に比べて高まっていると感じております。

このようなタイミングだからこそ弊社は、「本当にバイオトイレが必要とされる・活用できる場所」はどこなのかをメーカーとしてしっかり見極め、バイオトイレが末永く利用されるよう責任のあるご提案をしていきたいと考えております。

小さな会社ではありますが、メーカーとしてのプライドを持ち、お客様・協力会社様・地域にとりまして信頼される存在になれるよう、今後も社員一同精進して参ります。

代表取締役三笠 大志

株式会社ミカサ 代表取締役 三笠 大志

会社概要

会社名
株式会社ミカサ
代表
代表取締役 三笠 大志
設立
平成元年7月29日
資本金
1,000万円
本社
〒870-0923 大分県大分市高城西町7-27
TEL(097)551-8826 FAX(097)551-8886
工場

[田ノ浦工場]
〒870-0802 大分県大分市田ノ浦10組
TEL(097)578-6115 FAX(097)578-6146

[大阪ヤード]
〒569-0012 大阪府高槻市東天川1丁目38−2
※高槻中央霊園の隣

業務内容
バイオトイレの製造、販売及びレンタル
貸倉庫(レンタルボックス)の運営
不動産の売買、賃貸借、仲介、管理、保有、運用
その他上記各号に付随する一切の業務
所属団体
日本トイレ協会個人会員
自己処理型トイレ研究会
一般社団法人 レンタルボックス協会
日本トイレ研究所個人会員
顧問弁護士
大分みんなの法律事務所 弁護士 倉橋 芳英
技術顧問
岡城技術士事務所

沿革

1994年7月燃焼式トイレ「ミカレット」販売開始
1999年7月ミカレット 特許取得
2005年6月バイオトイレ(バイオミカレット®) 販売開始
2007年3月バイオトイレ(バイオミカレット®) 国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS)登録認定
2007年12月第1回アジア・太平洋水サミットにバイオトイレ(バイオミカレット®)を展示
2008年8月バイオトイレ(バイオミカレット®) 環境省 環境技術実証モデル事業(山岳トイレ分野)に選定(~2009年1月)
2009年3月《大分発》きらりと光るものづくり企業80に選定
2015年1月ODA事業(中小企業を活用したノン・プロジェクト無償)にバイオトイレ(バイオミカレット®)が採用、ペルー共和国へ納品
2016年1月関連会社の合同会社TMT.Japanが国際協力機構(JICA)の中小企業海外展開支援~普及実証事業~に採択

※弊社バイオトイレ(バイオミカレット®)をカメルーン共和国へ16台設置

経営理念

楽しい人生

私たちは、仕事を通じて私たちを取り巻く人々(お客様・協力会社・地域)にとって喜ばれる存在となることで、社員の物心両面の豊かさを追求し、社員とその家族が楽しい人生を実現していくことを経営理念とします。

楽しい五訓

楽しい五訓

スタッフ紹介

トイレ事業部のスタッフです。国内外でバイオトイレを必要として下さっているお客様へ、確かな品質のトイレをお届けするため、設計・製造はもちろん納品まで、一つ一つ丁寧な作業をさせていただきます!

スタッフ写真

accessアクセス

株式会社ミカサ 本社

株式会社ミカサ 本社

住所
〒870-0923 大分県大分市高城西町7-27
TEL
(097)551-8826
FAX
(097)551-8886

田ノ浦工場

田ノ浦工場

住所
〒870-0802 大分市田ノ浦10組
TEL
(097)578-6115
FAX
(097)578-6146

大阪ヤード

大阪ヤード

住所
〒569-0012 大阪府高槻市東天川1丁目38−2 ※高槻中央霊園の隣


contactお問合せはこちらから