お客様の声voice

2016.4.29

女性スタッフの声を機にバイオトイレを導入し職場環境を改善!

  • シェアする
  • +1する
  • はてブする
  • Pocket
  • メールを送る
  • LINEに送る
  • フォローする

有限会社クロキ工作所 様

f5f894be15c3152ce4e8f5ae51419513-e1467940810874

 

■バイオミカレットを導入しようと思ったきっかけは?

 弊社は広島県東広島市にある主に自動車メーカーの部品の製造を行う会社で、工場設立から約30年になります。設立当時は工場内やその周辺の環境は、まだまだ整備されておらず工場で作業する従業員のトイレは立地面の問題もあり、水洗トイレの導入ができなかったため、昨年まではやむを得ず男女共用で汲み取り式トイレを使用していました。

 

 そんなある日、女性従業員から「トイレを男性と女性で分けてもらえないか?」という声を耳にしました。その女性従業員は、職場のトイレに対してかなりストレスを感じていたようで、勤務をはじめた4年間で何と4回しか工場のトイレに行ったことがないというのです。これにはかなり驚いたと同時に、従業員のためにも早急にトイレ環境を改善しなければと痛感したのがきっかけです。

 

 しかし現実的な問題として立地面や建ぺい率などの多くの課題があり、建築士さんをはじめ有名トイレメーカーさんにもいろいろと相談したのですが、新たに水洗トイレを造るということは困難でした。そのため、建設現場等でよくりゆされている通常の簡易型トイレを設置する、という案も出たのですが従業員から「臭いが気になる」という意見があり、それも断念。どうすれば従業員にとって快適なトイレ環境を作れるか名案もなく、私自身も八方塞がりな状態になっていました。

 

■ミカサのバイオミカレットをどのようにして知ったのですか?

 ある日テレビで偶然、ミカサさんがバイオミカレットをペルーに設置するというドキュメンタリー番組を目にしました。このとき初めて、バイオトイレというものを知り「へぇ~、こんなトイレがあるんだ」と興味を持ち、すぐにミカサさんの名前をメモして控えました。

 

その後、三笠社長にお会いできる機会があり、実際にバイオミカレットについてのお話を伺うことができ、ミカサの製品なら間違いないな、と確信しました。三笠社長は、まだまだ若いのに現場を大切にされていて、その熱心な人柄にも好感を持ちました。

 

■バイオミカレットを導入してからの感想をお聞かせください。

 工場設立からずっと汲み取り式トイレでしたが、バイオミカレットを導入後は男女別々のトイレになり、さらに汲み取り式トイレ特有の嫌な臭いもなく、従業員もとても快適に利用できているようで本当にバイオミカレットを取り入れて良かったと感じています。

 

近年は、製造業界においても、工場や職場のの環境整備に力を注いでいる企業も多いですし、弊社も工場設立から約30年が経ち、施設の汚れや劣化が目立ってきているので、工場全体を含めた職場環境の改善は大きな課題です。そのために、まずはトイレ環境の改善を機に環境に優しい職場づくりを進めるとともに、ISO14000の取得を目指していきたいです。

 

 最後に、これからもバイオミカレットを大切に使っていこうと思いますし、ミカサさんにはこれからも日本だけでなく世界にも画期的なこのトイレをより一層、広めていってほしいと思います。

 

text= 株式会社ミカサ
  • シェアする
  • LINEに送る

関連記事

097-551-8826

受付時間:月~金 9:00~17:00