メディア掲載情報media

2016.7.08

自己処理型トイレと貸倉庫 二本柱を軸に海外への第一歩を踏み出す

創造おおいた2014年版/2014年10月月掲載  環境に配慮した自己処理型トイレの研究開発を長年行っている、大分市の株式会社ミカサ。燃焼式トイレ「ミカレット」、バイオ分解式トイレ「バイオミカレット®」を開発し、販売及びレンタルで 続きを読む

text= 株式会社ミカサ
  • シェアする
  • +1する
  • はてブする
  • Pocket
  • メールを送る
  • LINEに送る
  • フォローする
2016.7.08

バイオ分解式トイレ ペルー観光地に設置

日刊工業新聞2014年8月5日掲載  ミカサ 大分市、三笠大志社長、097・551・8826は、ペルーにバイオ分解式トイレ「バイオミカレット®」を2014年末に輸出する。双葉インターナショナル(東京都中央区)と連携して国の政府開発援助(OD 続きを読む

text= 株式会社ミカサ
  • シェアする
  • +1する
  • はてブする
  • Pocket
  • メールを送る
  • LINEに送る
  • フォローする
2016.7.08

大分市登山道、山頂を整備 バイオトイレや案内板も

大分合同新聞/2014年5月1日掲載 大分市の高崎山(628メートル)で、市が実施していた登山道や案内看板などの周辺整備事業が完了した。登山や森林浴を通じて健康づくりや誘客を図る「森林セラピー魅力創出事業」の一環。野生サルの生息地として全国 続きを読む

text= 株式会社ミカサ
  • シェアする
  • +1する
  • はてブする
  • Pocket
  • メールを送る
  • LINEに送る
  • フォローする
2016.7.08

(株)ミカサ 「バイオミカレット®」がODA事業に選定される

TSR情報大分県版記事年月日/2014年7月10日掲載  自己処理型トイレ「ミカレット」シリーズで知られる(株)ミカサ(大分市高城西町、三笠大志社長)では、先ごろ実施されたペルー向けODA事業「中小企業ノン・プロジェクト無償」の入札に於いて 続きを読む

text= 株式会社ミカサ
  • シェアする
  • +1する
  • はてブする
  • Pocket
  • メールを送る
  • LINEに送る
  • フォローする
2016.7.08

富士山の環境保護に貢献

毎日新聞 2013年11月13日掲載大分市のミカサ 登山者のし尿問題を解決 世界文化遺産の登録を受け、名実ともに「日本の顔」となった富士山。しかし、1990年代前半には登山者のし尿が山小屋からの垂れ流しで問題となり、汚染された斜面は「白い川 続きを読む

text= 株式会社ミカサ
  • シェアする
  • +1する
  • はてブする
  • Pocket
  • メールを送る
  • LINEに送る
  • フォローする
1 2
097-551-8826

受付時間:月~金 9:00~17:00